添加物だらけのノンアルコールビール!健康への影響を知ろう

non-alcoholic-beer2

ノンアルコールビールはアルコールが含まれていない上に、低カロリーだからたくさん飲んでも大丈夫!と思っていませんか?

健康的なイメージの強いノンアルコール飲料。でも、日本で販売されているノンアルコールビールの多くは、添加物がたっぷり含まれています。一言で「添加物」と言ってもその種類は様々。

ノンアルコールビールに含まれる添加物が、体に及ぼす影響を調べました。

よく含まれている添加物

ノンアルコールビールによく含まれている添加物をまとめてみます。

  • ブドウ糖加糖液糖
  • 水あめ
  • 酸化防止剤(ビタミンC)
  • カラメル色素
  • 甘味料(アセスルファムK)
  • 酸味料
  • 香料

他にも、商品によって様々な添加物が含まれていますが、代表的なものはこの7種類。

ブドウ糖加糖液糖というのは、砂糖の代わりになる添加物で、ノンオイルドレッシングや焼肉のたれなんかにもよく使われています。原料はとうもろこしのでんぷんとのことなので、安全性は高いと思われます。同じく、水あめに関しても食料なので、危険性は感じられません。

私が気になる添加物は、その他の5種類。

酸化防止剤(ビタミンC)、カラメル色素、甘味料(アセスルファムK)、酸味料、香料…というのは聞いただけではちょっと何のことだか分かりませんよね。

分かる範囲で調べてみました。

酸化防止剤(ビタミンC)

「酸化防止剤」とは、名前の通り、酸化を防ぐために加えられている添加物です。酸化とは、醤油を皿に入れておくと色が変わったり、油を鍋に放置すると据えた匂いが漂ってきたり…といった現象です。ビールテイスト飲料に関しても、長い間缶の中に入れることで酸化現象が起きてしまうのだそうです。

この酸化を防ぐために、ビタミンCが活躍します。これは、化学合成によって作られた合成ビタミンCです。「果物などに多く含まれているビタミンCと同じだから、特に影響はないよ」という考え方がほとんどです。

ところが、中には「合成ビタミンCは、天然のものとは違い、酸化反応の際に活性酸素を発生する」という考え方もあるようです。この活性酸素というのは、がんや生活習慣病、老化の原因になると言われています。

酸化防止剤(ビタミンC)については、賛否両論があるようですね。

カラメル色素

カラメル色素は、ビールに似せた色を付けるための添加物です。これもよく見かける添加物なので、大丈夫かな…と思うのですが、実は不安な要素があるんです。

よく調べてみると、カラメル色素には、「カラメルⅠ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ」という4種類のものがあるのだそうです。このうち、カラメルⅢとⅣについては、発がん性のある4-メチルイミダゾールという物質が含まれています。

原材料表記には「カラメル色素」という表示の他には種類までは記載されていません。なので、実は体によくないものが含まれていても、消費者は気がつかないんです。

少しくらいなら大丈夫かもしれませんが、普段から摂取し続けるのは心配です。

甘味料(アセスルファムK)

私が最も気になる添加物が、この人工甘味料。

アセスルファムKは、砂糖の代わりによく使われる人工甘味料です。砂糖に比べて少量で済み、コストがかからないため、安い食品などにも多く含まれています。

このアセスルファムKには、肝臓障害の際に増えるGPTの増加、リンパ球の減少といった身体への影響が動物実験によって明らかになっているそうです。肝臓や免疫に対するダメージが心配されます。

ノンアルコールビールに含まれる添加物の中で、個人的には最も避けたい添加物です。

まとめ

non-alcoholic-beer3

実際問題、全ての添加物が身体に悪影響を及ぼすのかと言われると、きっとそんなことはありません。各企業が研究を重ねて作っている商品は、安全なものだと信じたいですよね。

私は普段の食事の中から、添加物を全て排除すべきだとは思いません。ノンアルコールビールに関しても、添加物なんて1ミリも気にならない!という人は飲んだらいいと思います。

ですが、少なくともこのページにたどり着いた人はきっと、私と同じように、添加物の身体への影響が気になる人なんだと思います。私は、ノンアルコールビールに関しては、添加物の不安要素を抱えながら飲むくらいなら、飲まない方がいいと思うんです。

無添加のノンアルコールビールなら、安心してプハァってできますよね。それこそが妊活中のストレス発散にもなるんです。それに経験上、無添加の方が確実においしいんです。実は、これこそが私が無添加のノンアルビールを勧める最大の理由です。

今回、ノンアルコールビールに含まれている添加物の身体への影響に関して調べてみました。私は専門家ではないので、身体への影響を断言することはできませんが、個人的には添加物は、摂取しないに越したことはないと思います。

安心安全の無添加ノンアルコールビールを、ぜひ試してみてくださいね。

>>おすすめ!無添加ノンアルコールビールランキングを見てみる