妊婦がお酒NGの理由とおすすめノンアルコールビールをご紹介

妊活中からお酒を控えることにした私ですが、その後晴れて妊娠することができました。

妊活中よりさらにお酒が飲めない事態になり、ノンアルコールビールのお世話になっています。

妊婦はなぜお酒を飲んではいけないのか、妊娠中にアルコールを摂取することで、胎児に与える影響についてご説明します。

妊婦はお酒を飲んじゃダメ?

ng

妊娠するとお酒を一滴も飲んではいけないかというと、少量なら大丈夫…なんて言われることもあるようです。

欧米では、「1日1ドリンク、週に7ドリンク以下」(1ドリンク:純アルコール10g、ビール250ml程度)なら危険性はないと言われているそうですが、これは日本人に当てはまるデータではありません。

飲酒を勧める産科医はいませんし、飲まないに越したことはありません。

お酒が好きな私に言わせてもらえば、酒好きにとって、お酒を飲み始めると、少量で終わらせるのは逆に辛いものがあります。少し飲むと余計にもっと飲みたくなるので、余計にストレスが溜まります。そもそも、酒好きにとっての「少量」は、少量ではありません。

妊娠したら、きっぱり辞めてしまうことが大事です。

妊婦がアルコールを摂取してはいけない理由

ずばり、母体と赤ちゃんが繋がっているからです。

妊娠中に飲酒すると、栄養が赤ちゃんに運ばれるのと同様に、胎盤を通してアルコールも届いてしまいます。

ninpu_osake

アルコールが赤ちゃんに届いてしまうと、「胎児性アルコール症候群」になってしまうリスクが高まります。

胎児性アルコール症候群とは

胎児性アルコール症候群とは、妊婦のアルコール摂取によって起こる先天性疾患です。現在のところは、治療法がありません。

主な症状としては、発達の遅れ・中枢神経の異常・容姿への影響などが挙げられます。

軽度から重度まで様々ですが、低体重児や低身長児であったり、ADHDなどの行動障害がおこる場合もあります。また、頭が小さかったり、全体的に平たい顔つきになったりと、容姿への影響が出ることもあるそうです。

妊娠中におすすめのノンアルコールビール

赤ちゃんが「胎児性アルコール症候群」にならないためにも、やはり妊婦にとってアルコールはNGです。

stop

とはいえ、妊娠中は我慢しなければならないことがとても多くて、ストレスが溜まりますよね。周りが皆飲んでいるときに、自分だけお茶はちょっと淋しいな…。たまにはシュワシュワを飲みたいな…と思うこともありますよね。

そんなとき、私はノンアルコールビールを購入して飲んでました。

市販のノンアルコールビールは、正直言っておいしくないものが多く、あまり好きではなかったのですが、無添加のものを選ぶようになってからは、ノンアルコールビールも美味しいということに気付きました。

ここで気を付けなければいけないのは、ノンアルコールビールと言っても、完全に度数が0%でないものも販売されているということ。日本では1%以下であれば「ノンアルコール」と表記してよいことになっています。

妊婦なら、アルコール度数0.00%のものを選ぶようにしてくださいね。

私が飲んでみて、妊婦さんにおすすめできるのは、『龍馬1865』『ヴェリタスブロイ』です。度数・添加物の視点から見ても安心ですし、味もおいしいです。

「龍馬1865」は日本製ノンアルコールビールで一番美味しい!
ノンアルコールビール「龍馬1865」をレビューしてみたいと思います。 坂本龍馬のシンプルパッケージ 真っ白の缶に坂本龍馬の写真が...
>>おすすめノンアルコールビールランキングを見てみる

ちなみに、ビール以外であれば、こちらの梅酒風味の梅ソーダもおいしいです。これも添加物は入っていないので、密かに気に入っています。

まとめ

ninnpu

妊娠中の飲酒はNGです。

もし自分の子どもが胎児性アルコール症候群であると診断されたら、母親は自分の飲酒を一生後悔することになってしまいますよね。

「胎児性アルコール症候群」は、お酒さえ飲まなければ予防できる疾患です。あとから後悔してももう遅いんです。

辞められるのは、自分の意志次第。

どうしても飲みたい!という場合は、妊娠を機にノンアルコールビールも試してみてくださいね。