ノンアルでも微量アルコール!?ノンアルコールビールの定義とは

non-alcoholic-beer1

ノンアルコールビールってどんなビールのことを指すか、ご存知ですか?「ノンアルコール」として販売されているものは、本当にアルコールが含まれていないのでしょうか。

ノンアルコールビールとはどのようなものを指すのか、ご説明します。

「ノンアルコール飲料」とは

「ノンアルコール飲料」と言っても、実は日本では、「1%までならアルコールを含んでてもいいよ」というルールが認められています。1%未満のアルコール度数であれば、「ノンアルコール」として販売してもいいんです。ちなみに、アメリカでは0.5%まで、EUでは1.2%までと、国によってもルールは違います。

アルコールを摂取したくない人たちにとっては、アルコール度数1%って多いと思います。たくさん飲んでしまったら、酔っ払うこともあるかもしれません。ノンアルコールだから大丈夫だと思って、知らず知らずのうちに飲んでしまうのは怖いですよね。

0.05%〜1%アルコールが含まれる飲料に関しては、最近では、「低アルコール飲料」と位置付けられることが多く、「ノンアルコール飲料」として売られているものは少なくなってきてはいます。

とはいえ、「ノンアルコール飲料」として販売されている全部が全部、完全にノンアルコールだというわけではないということは、知っておく必要があります。

アルコール0.00%の表記は本当?

non-alcoholic-beer2

最近お店でよく見かけるノンアルコールビールの中には、缶のパッケージに「アルコール度数0.00%」と表記されているものが多くあります。この表記があるものについては、本当にアルコール分が含まれないのでしょうか。

厳密に言うと、これも完全に0.00%とは言えないものもあります。0.00%の表示は、アルコール度数が0.05%以下の場合に記載されます。なので、ものすごく微量のアルコールは入っている場合もあるんです。

けれど、0.05%というのは果物の天然果汁に微量に含まれるアルコール分とほぼ同じです。アルコールを控えるために、果物を禁止する人はほとんどいませんよね。ですので、「アルコール0.00%」と表記されているものについては、ひとまずは「ノンアルコール」だと認識していて大丈夫です。

まとめ

ノンアルコール飲料の定義についてまとめます。

  • 「ノンアルコール飲料」全てがアルコールが0%のものばかりではない。
  • 「アルコール度数0.00%」の表示があるものはノンアルコールと認識してOK。
  • 度数0.05%以下であれば、果汁に含まれるアルコール分とほぼ同じ。

というわけで、ノンアルコールビールを選ぶ際には、アルコール分が0.05%以下のものを選ぶということが大切です。

さらに、本サイトではノンアルコールビールに多く含まれる添加物が体に及ぼす影響を考え、無添加のものを厳選してランキングにしています。

(>>ノンアルコールビールに含まれる添加物について)

(>>ランキングを見てみる)